農家の後継者のブログ『土の上から』

地方の農家の後継者が、焼酎片手に、政治経済の硬い話題から、野球や焼酎等、趣味の話題まで幅広く書き綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犯罪者集団『グリーンピース・ジャパン』

こんにちは、フィグです。

ひさしぶりの更新です。
色々ありましたが、こんかいはマイナーな話題の『捕鯨』についてです。
地元のラジオ局に以下の内容でメールしました。


ここから

○○さん、○○さん、おはようございます。
なかなかメールを紹介してもらえませんが、マスコミはあまり伝えていないのでボツを覚悟でメールします。
というか、以下のことを正確に伝えるかどうかがマスコミの良心なんですけどね。

昨日、グリーンピース・ジャパンが『横領品の証拠』として、鯨肉を運送会社から持ち出し、それをもって東京地方検察局に告発しました。

ここまでで、何か気付きませんか?
僕はあれ?おかしいな?とすぐに思いましたが、問題は鯨肉をどうやって手に入れたか?です。
一言でいうと、グリーンピース・ジャパンは『窃盗』をしたんです。もっというと、彼らは『泥棒』です。
泥棒が、盗んだものを『違法だから』と警察に通報するようなものです。
反捕鯨のためなら違法行為は許されるんでしょうか?極端にいうと、自分が信じる『正義』のためなら殺人も許されるのか?ということです。
オウム真理教の信者と同じです。
どこのマスコミもほとんど取り上げていませんが、法治国家として毅然とした対応をしないといけないし、それを許してはいけないのです。ここでの対応が法治国家であるか否かの分岐点になるのですが、それに気付いている人はいるのでしょうか?

因みに、違法行為によって得た証拠は、証拠能力はないのですが、それを伝えているマスコミはありませんね。
いわゆる捜査上での『傍受』すら声高に反対していたマスコミが、今回はスルーですからね。
期待していませんが、メールしました。
スポンサーサイト

テーマ:考えること - ジャンル:その他

  1. 2008/05/16(金) 08:27:24|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シナ〈世界の癌〉

こんにちは、フィグです。

更新が滞ってしまいましたが、この一ヶ月の間に起きたことをつらつらと書いていきます。

シナという国は、本当にどうしようもない国ですね。
『世界の癌』と呼ぶにふさわしい(?)行動をしてくれます。
ギョウザ問題でも全く誠意のない対応したと思えば、
チベット動乱ではお決まりの逆ギレ…

はっきり言って、シナという国はなくなったほうが世界平和のためになると思いますね。
北朝鮮と並んで、チ○カス以下の国です。

それと同様に腹立たしいのが、日本のマスゴミ、いわゆる市民団体とオランウータン首相です。
日本に害毒を撒き散らすことしかできない輩どもは、日本にはいらない。
とっとと出て行って欲しいですね。

もはや、ネットでしか本当のことはわからないですね。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/03/21(金) 21:19:56|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シナ産餃子

こんにちは、フィグです。

更新が遅くなりましたが、ずっと毒物入りシナ産餃子の行方を見ていました。

一言で言うと、
『くそシナ!』『くされマスゴミ!』
ですね。

あえて説明は必要ないでしょう。
不買運動でもしたほうが良いです。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/07(木) 23:27:59|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮮人との付き合い方

こんにちは、フィグです。

先日は、シナ人との付き合い方をアップしましたが、
今日は、鮮人との付き合い方を自分なりに書いてみます。

フィグが毎日拝見しているサイトがあります。
これです。↓
★厳選!韓国情報★
です。

フィグがヨーロッパにいたときも、鮮人と話す機会がありました。
そのとき感じた彼らの性質は、
①根拠の無い自信がある(口が大きい)

②自分勝手な行動しかしない

③すぐにわかる嘘を平気でつく

があります。

また、現在、地元に在日がいますが、上記の性質を持っていて、
可能なら付き合いたくない人種です。

彼らと付き合うには、とにかく、
議論になったら、すぐに論破することです。
どうせ、バカなことか嘘しか言いませんから、簡単です。
そして、鮮人相手に日本人の美徳である『思いやり』は必要ありません。
譲ってやっても感謝しませんからね。
それで何度も悔しい思いをしましたから。

奴らは、恩を感じません。恨みならたくさん感じますが…
ですので、日本人扱いは厳禁です。
ちょっとでも奴らのいうことに賛同すると、利用されます。
ちょっとでも奴らのいうことを手伝うと、手下扱いをうけます。
そのくせ、元来は気が小さいらしく責任感は皆無です。
すぐに逃げるし、アルコールが入らないと本音をいえません。

これらは、すべて自分や周りの人たちの経験です。
色々書きましたが、ポイントは、

『日本人扱いをしない。サルの子供を扱うように押さえつけながら付き合う。』

ということです。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/30(水) 17:17:41|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シナ人との付き合い方

こんにちは、フィグです。

ちょっと今日ははっきりと言うことにします。

フィグが毎日拝見しているブログがあります。
こちらです。
よーめんさんのブログ

行動する保守ということで、応援しています。
今回は、さらに後押ししてみます。

フィグは10年ほど前に農業研修でヨーロッパに約一年間滞在していました。
その時に痛感したことは、
『主張することに大人の対応は厳禁』

『嫌なことは我慢せずに言う』
ということです。

日本人の美徳である
『言わずともわかってくれる』
とか
『相手の嫌がることはせず、我慢する』
なんてのは、日本国内でしか通用しません。
議論を吹っかけられたり、悪口を言われたときに黙っていると
相手は、『同意した』と思います。
嫌なことははっきり言わないと舐められます。

こんなことがありました。
研修先で同僚のオランダ人やモロッコ人が、日本人と知っているくせに僕のことを
『シナ人、シナ人』と冗談で言うので、
いい加減腹が立ってきて、
『うるさい、このドイツ人(オランダ人が一番嫌ってる)』
とか
『うるさい、このユダヤ人(イスラム教徒の敵)』
って怒鳴るんです。
すると、彼らは烈火のごとく怒ります。
で、言ってやるんです。
『なら、俺をシナ人と呼ぶな!』
これで一件落着。

最初から、からかうつもりで言ってきたんです。
それを黙っていたり、我慢していても彼らはやめません。
それどころか、余計バカにされます。
それらの件があってから、逆に仲良くなりました。
他の研修生はそれができずにストレスためてる奴がいました。

所詮、シナ人は本気で日本が悪人と思っているわけでないのです。
中国共産党が日本を敵にして、国内をまとめているにすぎない。
そして、外交カードにしているんです。
だからこそ言ってやるんです。
『中国国内の問題?そんなの関係ねえ!』
『そこまで言うなら、援助はナシだ!』
ってね。
お互い経済的に親密になっているので、奴らも日本とは縁が切れないんです。
言うなりにならないと思えば、おとなしくなります。

日本人はもっと主張するべきです。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/29(火) 09:46:04|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

フィグ

Author:フィグ
日本の真ん中あたり在住の農家の後継者です。
両親と祖母、嫁、そして愛犬と共に生活しています。
焼酎とお祭りが大好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。