農家の後継者のブログ『土の上から』

地方の農家の後継者が、焼酎片手に、政治経済の硬い話題から、野球や焼酎等、趣味の話題まで幅広く書き綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語教育と英語教育

こんにちは、フィグです。

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」を見ていたら、
小学校三年生の英語必修の是非が議論になっていました。
海外生活の経験がある僕にとっても、興味のある話題ですので意見を述べます。

外国語教育の前にしなければならないこと。
それは、母国語教育です。我々にとっては日本語教育がそれにあたります。
母国語と外国語の大きな違い。
それは、母国語とは『思考の基本言語である』ということなんです。
外国語とはどこまでいっても『道具』なんです。

英語必修反対派の人がよく使う言葉で
「英語教育をする前に日本語教育をしっかりやるべきだ」
というのがありますが、理由は日本人にとって日本語が思考の基本言語だからなんです。
日本語が上手く喋れない人は、たいした考えを持つことはできません。
四字熟語やことわざを多く知らない人は、はっきり言ってアホなことしか考えられません。
お子さんがいる方で、頭の良い子になって欲しいのなら、本を読ませてください。
それが塾や家庭教師を頼む前にするべきことです。

さて、小学校英語必修賛成派の多くの方が勘違いしていることなんですが、
『手段』が『目的』になっているんですね。
英語が話せれば幸せな人生がおくれるんでしょうか?
友達100人できるんでしょうか?違いますね…

『英語を使って何を話すか?』
英語教育をする前に必ず伝えておかなければならないことです。
どこの国でも『中身の無い薄っぺらな人間』は軽蔑対象です。
英語が上手に話せても、話す内容が薄かったら英語を話す意味がありません。
母国の文化、歴史、社会等を知らなければ真の国際人にはなれません。
そして一番大切なものは、『アイデンティティ』です。
母国語教育はそれらを育ててくれるのです。

言語とは生活です。
言語とは文化です。
言語とは歴史です。

具体的な話をしましょう。
日本語で『稲』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『籾』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『玄米』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『白米』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『米』を、英語ではなんと言いますか?
すべて『rice』です。
では、
英語で『cow』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『bull』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『ox』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『cattle』を、日本語ではなんと言いますか?
すべて『牛』です。

国によって生活に密着しているものは違います。
言語を調べれば何が密着しているかわかります。
それは、文化や歴史も同様です。

さらに言うと、日本語は特殊な言語です。
表意文字と表音文字の両方があります。
そして、漢字が伝わってくる前に話し言葉として既に存在していました。
だからこそ日本語は難しいのです。
英語教育をやっている時間があるなら、その時簡に国語の勉強をしなさい。
本を読ませなさい。歴史の勉強をしなさい。
それが世界に通用する真の日本人を育てる唯一の方法です。

最後に、実際に僕が海外生活で経験したお話をします。
現地の同僚に言われた一言です。
「日本のビジネスマンは、英会話能力が高い。どんな難しい単語も知っている。」
日本の英語教育は、読書き重視で会話重視ではないですが、下地はしっかり作っています。
今までの英語教育を否定する必要は無いのです。

そして、日本人の英語読解力は世界一と言われています。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/06/02(月) 00:50:29|
  2. 教育
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

フィグ

Author:フィグ
日本の真ん中あたり在住の農家の後継者です。
両親と祖母、嫁、そして愛犬と共に生活しています。
焼酎とお祭りが大好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。