農家の後継者のブログ『土の上から』

地方の農家の後継者が、焼酎片手に、政治経済の硬い話題から、野球や焼酎等、趣味の話題まで幅広く書き綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語教育と英語教育

こんにちは、フィグです。

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」を見ていたら、
小学校三年生の英語必修の是非が議論になっていました。
海外生活の経験がある僕にとっても、興味のある話題ですので意見を述べます。

外国語教育の前にしなければならないこと。
それは、母国語教育です。我々にとっては日本語教育がそれにあたります。
母国語と外国語の大きな違い。
それは、母国語とは『思考の基本言語である』ということなんです。
外国語とはどこまでいっても『道具』なんです。

英語必修反対派の人がよく使う言葉で
「英語教育をする前に日本語教育をしっかりやるべきだ」
というのがありますが、理由は日本人にとって日本語が思考の基本言語だからなんです。
日本語が上手く喋れない人は、たいした考えを持つことはできません。
四字熟語やことわざを多く知らない人は、はっきり言ってアホなことしか考えられません。
お子さんがいる方で、頭の良い子になって欲しいのなら、本を読ませてください。
それが塾や家庭教師を頼む前にするべきことです。

さて、小学校英語必修賛成派の多くの方が勘違いしていることなんですが、
『手段』が『目的』になっているんですね。
英語が話せれば幸せな人生がおくれるんでしょうか?
友達100人できるんでしょうか?違いますね…

『英語を使って何を話すか?』
英語教育をする前に必ず伝えておかなければならないことです。
どこの国でも『中身の無い薄っぺらな人間』は軽蔑対象です。
英語が上手に話せても、話す内容が薄かったら英語を話す意味がありません。
母国の文化、歴史、社会等を知らなければ真の国際人にはなれません。
そして一番大切なものは、『アイデンティティ』です。
母国語教育はそれらを育ててくれるのです。

言語とは生活です。
言語とは文化です。
言語とは歴史です。

具体的な話をしましょう。
日本語で『稲』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『籾』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『玄米』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『白米』を、英語ではなんと言いますか?
日本語で『米』を、英語ではなんと言いますか?
すべて『rice』です。
では、
英語で『cow』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『bull』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『ox』を、日本語ではなんと言いますか?
英語で『cattle』を、日本語ではなんと言いますか?
すべて『牛』です。

国によって生活に密着しているものは違います。
言語を調べれば何が密着しているかわかります。
それは、文化や歴史も同様です。

さらに言うと、日本語は特殊な言語です。
表意文字と表音文字の両方があります。
そして、漢字が伝わってくる前に話し言葉として既に存在していました。
だからこそ日本語は難しいのです。
英語教育をやっている時間があるなら、その時簡に国語の勉強をしなさい。
本を読ませなさい。歴史の勉強をしなさい。
それが世界に通用する真の日本人を育てる唯一の方法です。

最後に、実際に僕が海外生活で経験したお話をします。
現地の同僚に言われた一言です。
「日本のビジネスマンは、英会話能力が高い。どんな難しい単語も知っている。」
日本の英語教育は、読書き重視で会話重視ではないですが、下地はしっかり作っています。
今までの英語教育を否定する必要は無いのです。

そして、日本人の英語読解力は世界一と言われています。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/06/02(月) 00:50:29|
  2. 教育
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

犯罪者集団『グリーンピース・ジャパン』

こんにちは、フィグです。

ひさしぶりの更新です。
色々ありましたが、こんかいはマイナーな話題の『捕鯨』についてです。
地元のラジオ局に以下の内容でメールしました。


ここから

○○さん、○○さん、おはようございます。
なかなかメールを紹介してもらえませんが、マスコミはあまり伝えていないのでボツを覚悟でメールします。
というか、以下のことを正確に伝えるかどうかがマスコミの良心なんですけどね。

昨日、グリーンピース・ジャパンが『横領品の証拠』として、鯨肉を運送会社から持ち出し、それをもって東京地方検察局に告発しました。

ここまでで、何か気付きませんか?
僕はあれ?おかしいな?とすぐに思いましたが、問題は鯨肉をどうやって手に入れたか?です。
一言でいうと、グリーンピース・ジャパンは『窃盗』をしたんです。もっというと、彼らは『泥棒』です。
泥棒が、盗んだものを『違法だから』と警察に通報するようなものです。
反捕鯨のためなら違法行為は許されるんでしょうか?極端にいうと、自分が信じる『正義』のためなら殺人も許されるのか?ということです。
オウム真理教の信者と同じです。
どこのマスコミもほとんど取り上げていませんが、法治国家として毅然とした対応をしないといけないし、それを許してはいけないのです。ここでの対応が法治国家であるか否かの分岐点になるのですが、それに気付いている人はいるのでしょうか?

因みに、違法行為によって得た証拠は、証拠能力はないのですが、それを伝えているマスコミはありませんね。
いわゆる捜査上での『傍受』すら声高に反対していたマスコミが、今回はスルーですからね。
期待していませんが、メールしました。

テーマ:考えること - ジャンル:その他

  1. 2008/05/16(金) 08:27:24|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

悪意に満ちた新聞に・・・

こんにちは、フィグです。

今、北京オリンピックがマスコミを賑わしていますが、それを相対化(?)するごとくでてきた
映画「靖国」問題と、いわゆる「市民団体」のビラ配り有罪判決について、
地元の中日新聞が相変わらずの狂った記事を書いたので抗議メールをしました。
以下に掲載します。

---ここから---

現在、中日新聞を定期購読しているが、常々貴紙に対して申し上げたいことがあったが、今日(4月12日)の記事には許せないものを感じたので、意見を申し上げる。

意見は、二つの記事に対してである。
まず、一つ目は映画「靖国」に対してである。
以前から感じていたが、貴紙は意図的に内容を偏向する傾向にあるが、自民党稲田議員は、「靖国」の問題点を文化庁所轄の独立行政法人の行った助成金の妥当性のみであった。
しかも、試写を求めていない。
ところが、貴紙はその部分を重要視せず、「圧力」をかけたとしている。
しかし、稲田議員は別の機会で「是非上映してもらいたい」と発言しているが、貴紙はそれを認識しているのか?
稲田議員に直接取材したのか?
貴紙のニュースソースには疑問を感じざるを得ない。
さらに申し上げるが、貴紙は文化庁に取材していないな。文化庁は、稲田議員が試写を求めた事実はない、と朝日新聞の確認で答えている。
刀匠についても同様である。貴紙は、その刀匠に取材していないだろう。
「靖国」は、問題山積の映画である。事実とは異なる内容が数多くある。いちいちあげていたらキリがないくらい異常な映画である。
貴紙も3面で取り上げるくらいなら、しっかりと自身で取材して記事を書くべきである。
それができていない時点では、貴紙は「新聞」を書いているのではなく、特定思想の「宣伝紙」であるし、当方はそのように認識する。

二つ目は、社説についてである。
最初に申し上げる。貴紙の社説担当者は、「自由」は「公共の福祉」に反しない限り保障される、と中学三年生の公民で習わなかったのか?自由は無制限に許されているわけではない。
被害届けが出されているのだ。軽微かどうか、が問題ではない。行為そのものが犯罪なのだ。軽ければ許されるものではない。
自由自由と唱える貴紙は、一時期のオウム真理教を彷彿とさせる。
自由には責任が生じる。それを記事にしない貴紙には、悪意を感じる。
現在の自由や権利のみを主張する風潮を作り上げたのは、貴紙をはじめとする特定思想の宣伝紙たちであり、偉そうなことを言う資格は全く無い。
猛省を求める。
なお、このメールは、インターネット上に公表する。

以上

---ここまで---

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/04/12(土) 10:42:51|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自給率

こんにちは、フィグです。

僕が毎日拝見しているサイトがあります。
これです。↓

『株式日記と経済展望』
http://blog.goo.ne.jp/2005tora

そこで食糧自給のことが話題になっていました。

農家であるフィグの考えを簡潔に述べます。

①食料は、最重要な戦略物質である

②農家への助成は、そのほとんどは農家のためには使われない

③経済的に余裕のある農家はごく一部

です。
これから少しずつ理由を書いていきます。

テーマ:考えること - ジャンル:その他

  1. 2008/03/27(木) 09:11:45|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シナ〈世界の癌〉

こんにちは、フィグです。

更新が滞ってしまいましたが、この一ヶ月の間に起きたことをつらつらと書いていきます。

シナという国は、本当にどうしようもない国ですね。
『世界の癌』と呼ぶにふさわしい(?)行動をしてくれます。
ギョウザ問題でも全く誠意のない対応したと思えば、
チベット動乱ではお決まりの逆ギレ…

はっきり言って、シナという国はなくなったほうが世界平和のためになると思いますね。
北朝鮮と並んで、チ○カス以下の国です。

それと同様に腹立たしいのが、日本のマスゴミ、いわゆる市民団体とオランウータン首相です。
日本に害毒を撒き散らすことしかできない輩どもは、日本にはいらない。
とっとと出て行って欲しいですね。

もはや、ネットでしか本当のことはわからないですね。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/03/21(金) 21:19:56|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

フィグ

Author:フィグ
日本の真ん中あたり在住の農家の後継者です。
両親と祖母、嫁、そして愛犬と共に生活しています。
焼酎とお祭りが大好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。